第三者割当増資 税務

株式を発行する際にも、その発行価格が時価でない場合、いわゆる「有利発行」の場合には課税問

 題が生じてきます。

  つまり、いま10,000株を発行している会社があり、この1株の時価が3,000円の時に、新たに外部

 の者に1株1,000円で10,000株を有利発行したとすると、発行後の1株の価格は次のようになります。

  (10,000株×3,000円+10,000株×1,000円)÷(10,000株+10,000株)=2,000円

  そうすると既存の株主にとっては3,000円の株価が2,000円になってしまい、その反対に新株主は

 1,000円の払い込みで2,000円の価値の株式を手に入れたことになります。

  このようなことがあった場合に、税務上は、既存の株主から新株主への経済的な利益の移転があっ

 たと見なすため、課税問題が生じることとなります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中